知っておいて損はない!声優の夢を実現する方法

声優ってどのような職業?

声優という職業の存在自体は認知度が上がってきましたが、実際に声優とはどのような職業なのでしょうか。声優の多くの仕事はアニメの声です。日本では、アニメがサブカルチャーとして海外からも注目を集めているため、アニメ化される作品が増えてきました。そのため、アニメの声を担当する声優の需要自体も高くなり、仕事が増えています。また、このようなアニメの声以外にもニュースやバラエティー番組のナレーションなどに声優が抜擢されることもあります。

声優になるための学校

声優になるために、声優を育成する専門学校を卒業することが多いです。このような声優育成の専門学校では、基礎的な発声練習はもとより感情表現なども学びます。というのも、声優は声のみ物語に登場するように受け取られることもありますが、キャラクターの喜怒哀楽に合わせて感情表現をし、それを表現することが求められるます。そのため、基礎的な練習以上に自分自身の感情をどのように表現するかの技術を専門学校で学ぶことになります。

声優として一人立ちするまで

声優の仕事は増えており、声優になるための専門学校も増えています。しかし、声優として活躍できる人はごく限られています。というのも声優は、俳優や女優と同じように役者として物語に出演することになります。そのため、トップスターとなる人は、出演をし好評を得て、その後も、アニメを制作する際に抜擢されることが多く仕事がまた来るという良い循環が生まれますが、このような循環に入れる人ばかりではありません。そのため、専門学校を卒業し出演のチャンスがあったら、このような好循環に入れるように最大限努力をすることが大切です。

声優を目指すのであれば、声優の専門学校に通うことをおすすめします。優秀な成績を残すとプロダクションと契約できます。