上手に相続税を支払うには

相続税が発生する仕組み

相続税とは、親族に不幸がありその財産を相続人が引き継ぐ際に発生する税金の事です。労働によって得た財産ではないことや、特定の人に財産が集中する事を避けるために設けられている税金です。相続をするまでに行わなければならない手順も、遺言があるか無いかによって違いますし、財産の目録を作成したり、遺産分割の協議を行ったりと非常に複雑で手間のかかるものが多いです。素人が全て一人で行おうとすると、とてつもない時間がかかってしまいます。

プロの力を借りるのがベスト

知識が無い素人が相続に関わる手続きと、相続税の支払いまで一人で行う事は困難です。そんな場合、プロの税理士などに相続税相談を行うのが一番簡単です。手続き書類の書き方から、相続目録の作成などプロの視点から見て有益な様々なアドバイスが貰えます。また、実際に相続する時になってから相談しても節税の対策が難しい場合も多いです。事前に相続税の対策を税理士に相談し、いざ身内に不幸が起こった際に節税しつつ相続税を納められるようにするのがベストです。

気を付けなければいけないこと

相続税は法律によってルールが厳格に定められていますが、そもそも多大な相続税が発生することによって、相続人の生活が脅かされてしまっては元も子もありません。そうならないように、相続税には様々なセーフティネットが存在します。これが相続税の盲点となっている事も多いです。例えば、子供では無く孫への相続の場合は節税の効果が大きいなど、知っておくと良い情報も沢山あります。脱税は絶対におこなってはいけませんが、節税は大いに行うべきです。プロに相続税相談して、賢く納税するのが大事です。

相続税相談は、税務署か税理士事務所でできます。税務署の税務相談コーナーで相談すれば、相続税の申告書の書き方も教えてもらえます。