初めて申し込む方必見!カードローンの選び方

定期的な収入がある場合には

会社員やパート、アルバイトで毎月給料を得ている方、自営業や自由業で独力で収入を稼いでいる方なら、消費者金融や信販系の貸金業系のカードローンに申し込むことができますよ。金融機関によっては、年金での収入や不動産収入で生計を立てている方も対象となる場合があります。貸金業のカードローンは、収入がある方でないと申し込みができません。また、年収の3分の1を超える額は借り入れが不可能ですので、希望額はその範囲内にするようにしましょう。クレジットカードでキャッシングを利用している場合には、そちらも借入額に合算されますので、いくら借りているのか把握するようにしましょう。

専業主婦や学生はカードローンに申し込めない?

専業主婦やアルバイトをしていない学生の場合は、貸金業系のカードローンには申し込めません。では、日頃の冠婚葬祭等のお付き合いや勉学等で、緊急に必要な支出があったらどうしたらいいのでしょうか。その場合は、専業主婦や学生でも対象にしている銀行カードローンに申し込むといいでしょう。銀行によっては、配偶者への同意書や、親権者の許可が必要となる場合もありますので、注意してくださいね。本人に収入がないため、銀行によって差がありますが、限度額が抑えられる傾向にあります。だいたい10万円から50万円までとなることが多く、増枠申請は認められません。なお、満20歳以上の成人でないと、借り入れの契約はできないので、学生で未成年の方は成人するまで待ってくださいね。

生活が破綻しないように利用する使い方

カードローンは、まとまった額を借りて、月々分割で返済するのが一般的です。金融機関側では生活が破綻しないように、規定日の借入残高によって返済額が決定し、月々2千円から5千円くらいの金額で支払えるようになっています。ただ、月々の支払額が少ないと、元金が減らずに、利息だけを支払っていることになり、借入残高がなかなか減らずに、返済期間が延びるため、総支払額が多くなりがちです。利用限度額の範囲内で何度も借り入れができるため、正確な残高を把握するのが難しくなることもあるでしょうし、借りすぎて利息が増え、生活を圧迫する心配もなくなります。なるべく必要最低限の金額を借り入れ、できるだけ短期間で返済すると計画的に利用できますね。また、余裕のある時は、最寄りのATMや銀行振込で、随時返済の手続きをすると、残高の元金部分を返済できるため、返済期間を短縮することもできますよ。

口コミサイトはカードローンの比較をする時に大変有用であると、評判になっています。金利やサービス内容について、知ることがかないます。